​ どの風水家相を選べば?

​風水を選ぶポイントです

​後から揉めないように、最初に料金は確認してください

​どの流派の風水を取り扱っているのかを聞いてみる

​建物の方位を明確に測定してくれる所を選ぶ

​やたらと風水グッズにこだわる風水師は疑わしい

​料金があやふやな風水師は追加請求が怖い

​TVでよく見かける風水って?

  • ​冷蔵庫に写真が → 運気低下

  • 部屋が汚い → 運気低下

  • ​カーテンの色が悪い → 運気低下

残念ながらこれらは風水と呼べません。

だってこれぐらいのアドバイス皆さんもできるでしょう?

​家の中で方位磁石(羅盤)を持って鑑定する風水師もOUTです。 → 室内で磁石は狂います。

​このような鑑定なら大丈夫!

  • 1度単位で方位を測定できる​

  • 自分の風水の流派を言える

  • ​現地に足を運ぶ方

風水は建物の方位を測定しないと、何もアドバイスが出来ません。図面だけを見て、東がどうの西が・・など言う鑑定は信用できません。風水で方位を出さずにアドバイスできる流派は存在しません。

google mapでの鑑定

  • 遠方でも鑑定可能(西偏角調整)

  • OFFICEに居ながら鑑定できる

とてもメリットが多いのですが・・私は必ず、google mapと現地測定の両方を実施してます。場所によっては一致するし、場所によっては不一致の場所があります。1度ずれると全く別の鑑定になる場合もあります。なるべく現地での測定をオススメしてます。

現在、玄空飛星派を指定して鑑定依頼がかなり増えています。ご自身でも凄く学ばれている方も多位です。他の流派を否定も肯定もしませんが、ほとんどの流派を学び試して、最後に辿り着いたのが玄空飛星派風水でした。